アフターピルの効果の高さというのは日本以外の先進国では常識

アフターピルの詳細

モーニングアフターピル:緊急避妊約の事を言います。俗称アフターピル等、省略されて呼ばれております。

アフターピルとは読んで字の如しではありますが、その名前通り、何かしらの事情で避妊する事に失敗したり、不本意な妊娠のリスクを軽減する為に開発された避妊薬を指します。
セックスの後に服用する事で効果が出ますが、早ければ早い程最大限の効果を得る事が出来ます。
定期的に服用する低用量のピルとは違い、中用量ピルや高容量ピルの為、ホルモンのバランスを劇的に変化させる事により、効果を得ます。


避妊のメカニズム
ホルモンのバランスを劇的に変化させる事により、排卵の抑制、遅延させる事で受精を妨げる事により、妊娠を事前に防ぎます。さらには受精卵の子宮への着床を阻害する事で、約80%以上の高確率で妊娠回避に成功という報告がされております。
※中絶とは認識が違いますので、受精卵が着床となってから服用しても効果を得る事は出来ません。

処方してもらうには、問診が必要となります。入手方法としては2種類あり、病院、クリニック等で処方してもらうか、通販(輸入代行)を利用する等の2種類となります。
自由診療に分類されるため、クリニック、病院によっては金額に大きな差異が生じます。その為、輸入代行を利用して購入するのがコスト的にも安心なのではないかと思います。
※但し、個人輸入の代行ですと、海外からの発送となる為、殆どのサイトが到着迄1~2週間前後時間がかかる為、危ないと思ってから注文するのでは、セックスの後72時間には間に合わないという可能性が出て来ます。予備として、事前に購入してストックしておく等の方法が一番安全ではないでしょうか。

数種類の緊急避妊薬がありますが、今回はアイピルを紹介させて頂きます。
アイピルもアフターピルの一つで、比較的手頃に入手できるのでオススメではあります。
アイピルのスペック
1.緊急避妊薬
2.セックス後24時間以内に服用出来れば95%の成功率とされております。
3.セックス後72時間以内の服用で約75%の成功率とされております。

副作用
アイピルは女性ホルモンが通常の3~4倍程強く、生理を強制的に発症させる事により、妊娠を防ぐという特性の為、副作用が起こりやすいのも事実です。
※吐き気
※胃痛、胃のムカつき
※頭痛等

上記の副作用が発症される可能性がありますが、数時間~長くても半日程度で収束しますので、24時間以上副作用が継続される事はまずありません。

アフターピル(アイピル)の購入方法についてはコチラ